2004年度 東大寺学園高校卒業式

2005 2/16
文責:竹村 顕大朗

※小さな写真をクリックすると、大きな写真が出てきます。携帯や、JavaScript使用不可の場合は小さい写真横の*をクリックすると見れます※ 

 今年も2月14日がやってまいりました。
毎年の如く、仕組まれたように行われる我が東大学園高校の卒業式。
これは果たして、伴天連の邪な儀式に対しての御仏のご意思なのか、はたまた恵まれない男子の怨念のなせる業なのか・・・

 ということで、卒論に追われ、本来ならそれどころではない筈のこの不肖竹村 顕大朗が今年も新OBの晴れ姿を写真に収めるべく
今年も出動いたしました。今年はOBとしては田中裕介(51回)も参加しました。


卒業生が来る前の準備の図

 卒業生が来るまで、現役部員の面々は卒業生への寄せ書き色紙を書くなどしておりました。

そして昼を過ぎ、部員の大方が昼飯を食べ終えるころ卒業生が入場してきました。

 
卒業生入場
今年は14名が卒業しました

 ということで、あらかた準備が出来たところで、先輩から後輩への一言コーナーが始まりました。


一番手は坂井君
槍投げで大活躍の彼でしたが、東大志望だそうで
個人的には非常に残念なところです


古賀君
彼は、最後のHRが早めに終わったのか
一人、ややフライング気味に教室に入ってきました。


3番手岡本君


4番手村上君


5番手の松村君


そしてひときわ目を引く
真っ白なスーツに身を包んだ6番手平君
格好は派手でしたが、話の内容は至って真面目でした


円盤・砲丸をやっていた戸田君
どうにもこの学年くらいになると
ほとんどの面子がわからない年になりましたが
投擲陣はまだ認識できるようです


同じく投擲だった濱田君
彼は比較的早く辞めてしまったそうで・・・
まぁ、人それぞれですので


滝山君
他のメンバーが陸上競技での思い出や
陸上での心構えを説く中彼は
「正しい辞め方」
なるお言葉を残しました

・・・

まぁ、人それぞれですので・・・・


一人父兄が混じりこんでいる
・・・というわけではなく、同じ卒業生の齋藤君です


大崎君


高山君


本荘君

・・・

いや、なんでもないです

 


そして、トリの伊藤君
トリらしく大演説になりそうでしたが


吉村大先生により事なきを得ました(嘘)

  
そして、現役部員から卒業生への花束+色紙贈呈

 
花束を片手に整列
こうして、彼らの人生にまた一つページが刻まれるのでした

 
卒業生退場〜
カエル頭もお見送りです


最後に全員で記念撮影
・・・あれ、足らない?
まぁいいか

 ということで、今年の卒業式も恙無く終了しました。

・・・というか、自分の卒業をどうにかしたい今日この頃です。
大丈夫かなぁ・・・卒論

以上、大学4回で卒論追い込み中のくせにノコノコやってきた不良大学生がお届けいたしました

もどる