2004 東大寺強化練習会

2005 1/11
文責:竹村 顕大朗

※小さな写真をクリックすると、大きな写真が出てきます。携帯や、JavaScript使用不可の場合は小さい写真横の*をクリックすると見れます※ 

 毎年、一年の締めくくりとして行われる東大寺強化練習会。

 今年も27,8,9の3日間の予定で奈良の中学・高校を中心に大阪・京都からも数多くの学校の陸上部が練習にやってきました。
高校卒業以来、一年も欠かさずこの行事に出席している私は勿論今年も3日とも参加しました。今回は、その最終日の様子を写真を交えて紹介いたします。

・最終日までのあらまし

 初日の27日は、それまで暖かかったにもかかわらずこの日に入って急に冷え込み一気に冬らしくなってしまいました。お蔭で、前日までの暖かい環境を想定した私は凍えるはめとなりました。この日は初日ということで東大寺OBの参加者は私と小瀬さんだけ。他の参加校もさほど多くなく、指導者用のお昼ご飯のカレーとうどんが大量にあまり、ほとんど居なかった学生OBの私が残飯処理に回されえらい目にあいました。

 2日目は前日の反省を踏まえ防寒対策を施した為、寒さもさほど堪えず、また学生OBも何人か来た為、昼飯の残飯処理もほとんど無く、おいしくいただけました。この日は小林君(52回)が午後から練習に参加しました。

 そして強化練3日目の最終日を迎えました・・・

 

 

 

 

 

 

 

まるで図ったかのように凍えるような雨模様となりました

ということで午前は体育館、柔道場などで補強などをやることになりました

 

皆さんご存知のこととは思いますが
強化練習会や合宿など、一日中陸上をやるような状況においては

雨=補強地獄

はっきり言って、晴れの日の何倍も辛く
そして地味な練習となるのです
まぁ、補強が好きな人も居るかもしれませんが私は苦手な方なので
雨が降った日にはテンションがだだ下がり・・・

とまぁ、話が変な方向へ向かいつつあるので閑話休題

ちなみに、この日はこの生憎の天候にもかかわらず
3日間中で最大の参加人数&参加校となりました

 
あまりの寒さに、手がぶれている・・・のか?
わかりづらいですが指導者陣の面々です

なお、この日は昨日も来た小林君に加え
佐野太郎(51回)そして中村航さん(45回)も参加しました

 
竹村、佐野、小林(左写真)、小瀬さん(右写真)
ちなみに、現役陸上選手の東大寺OB在籍数最大の京大からは
自分一人だけしかきませんでした
雨が降ってるだの言ってましたけど・・・

人数が多かったので4班+長距離に別れ
長距離以外は体育館、ウェイト場、柔道場をローテーションで移動して
各場所で各種補強をやるということになりました

ということで、私たちを含めた投擲陣は
バーベルを用いた補強を担当することになりました


体育館裏のウェイト場に集合の図


皆一斉にバーベルを上げ下げの図


・・・?

 

とまぁ、一通り済んだところで他の場所の状況を見に行きました

 
柔道場にて、腹筋、背筋、腕立ての補強の王道オンパレードコーナー
ここが一番きつそうでした


体育館壇上にて謎の体操
全くもって何を鍛えているのか理解できません
誰か教えてください

 
体育館コート内にて手押し車、大股歩行など
腹筋系統以外のオーソドックスな補強

ちなみに、バーベルを使って一見きつそうに見えるウェイト補強ですが
実はシャフトだけで重りをつけておらず
また、さほど強度の強い運動も行っていなかったので実は一番楽でした

ということで4班が一周したところで昼時となったので終了
おそらく相当きつかったと思います

・・・え?私ですか?
私は、そりゃ指導者として・・・

・・・

 

で、昼時

なんと昼に入って

一層気温が下がり

にパワーアップ

そんなこんなで凍えつつ
今日の昼ごはんは3日連続でカレー&うどん

・・・ではなく、ラーメン&混ぜご飯でした
しかし、初日と打って変わり、指導者の数が飛躍的に増えてしまったため
自分達学生OBはこの凍える冬空の下
先生達が食べ終わるのを待たされ
そして、先生達が終わる頃には
あまり残っていなかったという珍しい事態となりました

普段は最後まで余り続けてたのに
こんな寒い日に限って・・・


中村航さんお食事中の図
尚、食事が終わった後おもむろに司法試験の問題集を取り出し
熱心に解いていらっしゃいました
はやく受かるといいですね

 

そして午後
一時は霙まで降り今後の練習が危ぶまれましたが
ピークを過ぎたのか徐々に止んでいきました

とはいえ、グラウンドは水でびしょびしょ

ということで投擲パートは柔道場にてマット運動することとなりました


側転
出来るものと思いきや、綺麗にやろうと思うと中々難しいものです


こんな具合に崩れるとどうも不恰好

 
そして難易度はさらにアップ
七転八倒の様相を呈してまいりました

そして、マット運動終了後
砲丸組は資料を用いた技術指導
そしてしばらくすると雨もすっかり上がり、グラウンド状態も良くなってきたので
外で練習することにしました

 
長距離は校内の舗装道路の上を走ってました


ジャンプ系の補強
また水は引ききってないようです


槍投げはこんな状態でも投げ練習をきちんとしてました


指導中

 
校門前の道路でダッシュ&人を背負って坂道ダッシュ
やはり地面がぬかるんでいると無理なんでしょう


それでも走っている人は走っていました

若いっていいですね

 
砲丸投げは舗装道路の上でメディシンボール投げ&グライド練習
この3日間でフォームが結構良くなった人が何人か居ました
指導者の立場からすると嬉しい限りです

 

 

ということで、最終日もおわり
お疲れ様〜

 

・・・

 

と、ここで

「やっぱりこれやらないと終わった気にならない」

と、某OBのH氏が盛んに主張されたため
このぬかるんだ状態では一時は中止と言われていた
毎年最終日恒例、投擲パートによる

メディシンエンドレスリレーが開催されました

 

 

一つだけいえることは

1300mも短時間でダッシュさせられると死にかける
ということです

 

ということで、事故も無くめでたく3日間の強化練習を終えることが出来ました
この3日間で得たものを武器に2005年は活躍してもらいたいものです

 

おしまい

 

もどる